試合展開

    初回、平野大に先頭打者ホームランが飛び出すなど3点を先制する。

    しかし3回、先発東が打者1順の猛攻を浴び、この回だけで8点を取られ逆転を許してしまう。


    反撃したいオリックスは5回、園部のタイムリーツーベースヒットなどが飛び出し2点を取り返す!

    6回に1点を与えるが、7回裏。一打逆転の場面で大里が2点タイムリーヒットを放ち逆転に成功する!


    1点差のまま迎えた9回、マウンドに登った辻垣がランナーこそ出すも無失点で抑え、ゲームセット!

    最大5点差をひっくり返したバファローズは10-9と勝利を収めた!

     

     
    転載元:https://www.buffaloes.co.jp/farm/interleague/20230422.html 
    【【ファーム交流戦】オリックス10-9パナソニックの乱打戦を勝利!平野先頭打者弾!東8失点。なぜか漆原登板の一戦をまとめます。】の続きを読む

    えげつない‥‥ 【森友哉と高橋光成の対決www】の続きを読む




    試合展開

    先発の山本は初回、ランナーを出すもしっかり無失点で抑える!

    裏のバファローズの攻撃、2番に入っている宗がライトへのヒットで出塁するが、後が倒れ先制とはならず。


    両チーム無得点のまま迎えた4回、1死から中川圭がセンターへのツーベースヒットでチャンスを作ると、5番に入っている杉本が2試合連続となる2ランHRを放ち、先制する!


    だが5回、山本が12,3塁のピンチを迎えると、L鈴木の内野ゴロの間に1点を失う。


    山本は6回、7回を抑えるが、迎えた8回。連打を許し1,2塁とされると、次のLマキノンにタイムリーヒットを打たれ同点に追いつかれる。ここで山本は降板し、宇田川にマウンドを譲るが、代わった宇田川も2つの四球を出し、2死満塁のピンチを迎えると、L児玉にタイムリーヒットを浴び勝ち越しを許す。


    なんとか逆転したいバファローズだったが、9回にも1点を失い2点差とされると、その後得点を奪うことができず敗戦した。



    中嶋監督コメント

    「由伸は、あれだけヒットを打たれたのでよくはないと思いますけど、ランナーを出してからはよく粘ったと思います。

    相手ピッチャーが本当によかったと思います。しかしそれでも打っていかなければいけないので。積極的にいったんですけど、ボール球に手を出しすぎたのかなと。

    あと一本、いつも打てるわけではないですが、狙い球でもボールだと思ったらやめるとか色々反省点はあると思います。いつもできるわけではないので、切り替えてやるしかないと思います。」

     


    転載元:https://www.buffaloes.co.jp/gamelive/hero/2023042201/
    【【反省会】山本由伸vs高橋光成のエース対決 2対4でオリックスのまけほー。痛い負けもラオウ両リーグトップの6号ホームラン!中川復調気味!紅林ええやん!などポジ要素あり】の続きを読む

    このページのトップヘ